株式会社 東神楽温室園芸

生産物
みつば、ミニトマト、かいわれ大根、豆苗、クレソン全てが水耕栽培です。
生産物の流れ
全量JA東神楽へ出荷   直販、通販はしていません。
豆苗、かいわれ大根は農薬は使用していません。
クレソン、トマト、みつばについてはそれぞれに登録のある農薬を使用。
その使用状況については作物栽培履歴をJAひがしかぐらへ提出。


豆苗(とうみょう)
平成25年より試験栽培をしてきました。
6月より販売することとなりました。
エンドウの若葉で栄養価も高く、食べ方も豊富です。




ミニトマト
合計約1600坪のハウスで栽培
1年に2作しています。露地物の出荷時期を避け、3〜7月と9〜11月に出荷しています。そのため、北海道で一番気温の下がる12〜2月に育苗時期となるため暖房費が負担になります。そのため、平成18年1000坪の硬質フィルムハウスの複層工事を行い、燃料費3割以上の削減を目指しました。生食はもちろん、ジュース、お菓子、カクテルとまだまだ用途が期待できるのがミニトマトです。
みつば
合計約3500坪のハウスで栽培
北海道で消費される水耕みつばの約9割が東神楽で生産され、そのうちの半分を当組合で生産しています。高級野菜というイメージがありますが、茶碗蒸し、丼物、鍋などのほかに、ほうれん草のようにお浸しで食べるとより香りをたのしめます。水耕栽培のみつばの特徴は、葉はもちろんのこと、茎まで緑が濃いこと、根がついたまま出荷されるため、鮮度が落ちずらいことです。冷蔵庫で保存する場合は、濡れた新聞紙でくるみ、立てて保存するとさらに長持ちします。
カイワレ クレソン
かいわれ大根
とにかく短時間でできるのがかいわれです。季節にもよりますが、種から5〜7日で出荷となります。たった200坪のハウスですが、回転が速いため、売り上げは他の品目に負けません。手巻き寿司、サラダなど他の食材との相性がよく、子供から大人まで好まれます。出荷されてスーパーに並んでまた成長するのはかいわれぐらいではないでしょうか。安いものですのでもっと食べていただき、食卓のアクセントとしてピリ辛をお楽しみ下さい。
100坪のハウスで栽培

 Copylight(c) 2016 Higashi kagura onshitsu engei kumiai All Rights Resrved.
HOME 事業概要 生産物 施設 歩み 設備 株式会社 東神楽温室園芸